各種手続きお手伝いします。

建設福祉会

建設福祉会一人親方労災保険

埼玉県の小・中企業の事業主の方々 新型コロナウイルス関係の助成金等で お困りの際はご相談下さい (2)
労災保険とは労働者が仕事中のケガや通勤途上で事故に遭ってしまった場合の
負傷・疾病・障害・死亡等に対して保険給付を行う国の保険制度ですが、
この制度は基本的に労働者を対象としているため、一人親方や企業の役員等の
労働者でない者は対象外とされています。
しかし、対象外とされた方々の中にも、労働災害に遭う危険性は通常の
労働者と変わらず、労働者に準じて保護することが適当といえる方々も
います。
そこで、これらの方々も労災補償を受けることができるように、特別に
労災保険に任意加入が認められているのが一人親方労災保険特別加入制度
になります。

対象者

建設業における一人親方とは、個人事業主又は法人の代表者で一人で事業に
従事する方、もしくは年間延べ100日未満しか労働者を雇用しない方を
言います。
労働者を雇用する場合であっても、年間の使用日数が100日を未満ならば
一人親方に該当します。
具体的には以下のいずれかに当てはまる場合は、一人親方に該当すると
考えられます。※個人・法人は問いません。

①会社に雇用されずに、個人で仕事を請け負っている。
②特定の会社に所属しているが、その会社と請負で仕事を行っている。
③グループで仕事をしているが、お互いに雇用関係はない。
④見習いをしているが、見習い先とは雇用関係にない。

メリット

一人親方労災保険に特別加入をすると、給付基礎日額に応じた額の補償を
受けることができます。
なお、通勤途上での事故(通勤災害)においても一般の労働者の場合と
同様に取り扱われます。
仕事中にケガをしても、自己負担なく無料で治療が受けられる。
治療のために休業した場合、給付基礎日額に応じた額の休業補償の
給付がある。
障害が残った場合、障害の程度と給付基礎日額に応じた額の障害補償がある。
仕事中の事故で死亡した場合、一定の遺族に遺族の人数と給付基礎日額に
応じた額の遺族補償がある。
元請会社又は所属会社にとっても、労災保険の特別加入をすることで仕事を
委託する上で安心感があるなどになります。

   

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional